HAIR CATALOG No.277/BLUE TOMATO

『80’sスクールと90’sストリートをミックスしたナードスタイル』

「小沢健二やコーネリアスなどの90’sのリバイバルブームに、UKのエッセンスを加えてナードな雰囲気を狙いました。カッパー系の発色と毛先に入れたデザインカラーのムラ感がポイントです。カラーの陰影を際立たせるために、あえてレイヤーを入れずスタイリングで毛先のズレを表現しています」

カット/サイドはやや前下がりで耳にかかるくらいで。えりあしは1cmの長さでラウンドカット。トップは角を取るのみのレイヤーを。

カラー/ブリーチ後に、10レベルのカッパーベージュをオン。右サイドは毛先5cm、左サイドは毛先3cmの幅で再度ブリーチ。

似合う顔型/卵、ホームベース、面長、丸、逆三角 

毛量/オールOK 

髪質/オールOK 

太さ/オールOK 

料金/2万1500円(税別) 

モデル/高木隆太

【担当スタイリスト紹介】  YUICHI(BLUE TOMATOスタイリスト)

●スタイリスト歴/3年 

●出身地/そこはどんなところ?:東京の田端/線路が多く、鉄ちゃんが集まります。 

●中学/高校の部活:バスケ/バスケ。 

●出身美容学校/日本美容専門学校。 

●Instagram/ @bt_yuichi 

Q.趣味/旅行、音楽、掃除。

Q.好きなブランド/最近は木になるブランドが見つけられず、古着が気になっています。 

Q.好きなテイスト/スポーツ、アウトドア、モードのミックス。  

Q.いつごろ、なぜ美容師になろうと決めましたか?/大学3年の頃、法学部に通っていたのですが、技術職に憧れがあり、ファッションも好きだったので美容師を選びました。

Q.得意なスタイル/デザインポイントのあるスタイル。 

Q.モットー/理由や裏付けを持ち、一人一人の外見と内面の似合わせをすること。 

Q.あなたの武器は?/知識と理論。 

Q.仕事をしていて一番良かったこと/仕事やプライベートの境がなく、どんなことでも成長に繋げられるところ。 

Q.どんな美容師でありたい?/スタッフやお客様から必要とされ、共に成長できる美容師になりたいです。

photo/toru Fujimura

choki choki web magazine

「CHOKi CHOKi web magazine」 ストリートファッション&ヘアの情報を毎日配信するWEBマガジン。 東京のストリートファッション&ヘアスタイルシーンの「今」を切り取り、今の東京におけるリアルな「カッコイイ」をお届けいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000