HAIR CATALOG No.269/Killa

『ジャスティンビーバー風のショートスタイル』

「ストリートモードが流行している今の時代の象徴がジャスティンビーバーではないでしょうか。遊び心のある束感と、プチアシメのショートバングで”やんちゃ”なイメージを表現しました。サイド、バックは刈り上げるところを少し長めにしたところがポイント。つむじ周りも短めにしました。カラーはあえて根元を暗めに」

カット/トップの立ち上がりを決めて、その位置からセイムレイヤーで。前髪は生えグセを考慮しながら、サイド、バックはレザーで。

カラー/わざとリタッチを残すように、手づかみで中間〜毛先をブリーチ。そのあとでクリスタルアッシュをオン。

似合う顔型/卵、面長、丸、逆三角 

毛量/多い、普通 

髪質/硬い、普通 

太さ/太い、普通 

料金/1万8000円(税別) 

モデル/弘内直也

【担当スタイリスト紹介】  小林完(Killa代表)

●スタイリスト歴/10年 

●出身地/そこはどんなところ?:長崎県/異国情緒があふれた、美容師をたくさん産む土地。 

●中学/高校の部活:バスケ/テニス。 

●出身美容学校/福岡美容専門学校。 

●Instagram/ @kobayashikan 

Q.趣味/釣り、旅行、DIY。 

Q.好きなブランド/KENZO、MSGM、NIKE 、THE NORTH FACE。

Q.好きなテイスト/ストリートモード。  

Q.いつごろ、なぜ美容師になろうと決めましたか?/高校生のころ、彼女に夢に便乗しました。あとは当時のTVドラマ『Beautiful Life』の影響。 

Q.得意なスタイル/パーマスタイル。 

Q.モットー/しっかり楽しむこと。 

Q.あなたの武器は?/絶対似合わせ力。 

Q.仕事をしていて一番良かったこと/お客様に泣いて喜んでもらえたとき。 

Q.どんな美容師でありたい?/オンリーワンでいられ続ける美容師。そして業界のリーダーとして爪痕を残したいです。

photo/Toru Fujimura

choki choki web magazine

「CHOKi CHOKi web magazine」 ストリートファッション&ヘアの情報を毎日配信するWEBマガジン。 東京のストリートファッション&ヘアスタイルシーンの「今」を切り取り、今の東京におけるリアルな「カッコイイ」をお届けいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000